<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Excite エキサイト : 社会ニュース


東京メトロ:東西線事故、29万人に影響
2009年9月9日 10時14分 更新:9月9日 12時42分
 東京メトロ東西線が一部不通になり対応する東京メトロの社員ら=東京メトロ東西線の東陽町駅前で2009年9月9日午前8時23分、長谷川直亮撮影 9日午前4時8分ごろ、東京都江東区東陽の東京メトロ東西線東陽町駅で、中野方面から来た保守作業用の車両が、4時58分の始発に備えて同駅に停車していた西船橋行き普通電車(10両編成)に衝突した。電車は無人で、保守車両の運転士らにもけがはなかったが、同線は高田馬場-葛西間で上下線とも始発から運転を見合わせた。全線で運転を再開したのは午前9時57分で、通勤・通学客ら約29万人に影響が出た。いつもは引き込み線上にある電車が、この日は線路上にあることを保守車両の運転士が失念していたという。
 東京メトロによると、保守用車両は4両編成。作業用の資機材を積んでいた。運転士1人と作業員1人が乗車し、枕木を交換する作業を終え、東陽町駅の近くにある車庫に戻る途中だった。電車は衝突で最後尾とその手前の車両の連結部分が破損し走行できなくなったという。
 6日から引き込み線付近の漏水防止工事が行われていたため、始発電車は線路上に停車していたが、保守用車両の運転士は線路を変更しなかった。また、枕木の交換作業が遅れたため、始発電車に間に合わせようと、規定の時速35キロを上回る時速40キロで保守車両を運転していたという。衝突を防ぐ自動制御装置はついていなかった。
 東京メトロは各駅で、JRやバスに振り替え乗車できるチケットを配ったが、葛西駅などでは、タクシーやバスなどを待つ乗客らが列を作った。【銭場裕司さん、毎日jp】

 通勤ラッシュの時間帯を直撃した9日朝の東京メトロ東西線の衝突事故。約29万人の通勤や通学客に影響が出た。
 始発から午前10時近くまで上り線の運休が続いた東京都江戸川区の葛西駅では、スーツ姿のサラリーマンらが携帯電話で職場と連絡を取る姿が目立ち、バスやタクシーの乗り場にそれぞれ100メートル前後の列ができた。駅員が拡声器を使って振り替え輸送の説明をしたが、振り替え用の券を求める人の列も駅の外まで続いた。
 職場がある東陽町駅に出勤する途中だった金融会社勤務の女性(59)は「始発から止まっていて、復旧になぜこんなに時間がかかるのか」といらだちを隠せない様子だった。茅場町駅に向かっていた情報通信関係の男性会社員(36)は「午前中に取引先との打ち合わせが入っていたが、延期してもらった。日程を振り替えなければいけない」と困惑していた。
 私大3年の男子学生(21)は「午前10時にゼミの集まりがあったが遅刻してしまう」と落ち着かない様子で話した。【伊澤拓也さん、毎日jpより】blockquote>

葛西駅といったら、たぶんだとおもうのですけど、快速の通過待ちとかされる駅ですよね、
だとしたらまあずいぶん待ったのでしょう・・・

ただ、追突とかいうのは・・・
最近も渋谷あたりでしょうか、成田エキスプレスに工事用の車両の一部が当たったとかで、
飛行機に間に合わなくなりそうなそんな事故も起こったばっかり・・・

あと、JRでしたか、そこでも列車が止まってしまう騒ぎがここ数年で連発している問題が
ありますから、
まあ人身事故はともかくも、ということなんでしょうけど。

こういうのに巻き込まれてしまうと、
一時経験しているのですが、冷静さが失われてしまいますからね・・・
[PR]
Excite エキサイト : 政治ニュース
つぶやきサンたちのご意見をを拝見いたしました。
ひさびさのブログでこの話から入るのはどうかって思ったのですが、かくいう私も
つぶやきさんたちのご意見にもあったように、永田さんの自殺死の問題が
どうしてもひっかかるのです。
あれは、前原さんに責任を全部かぶせるのはどうかとも思うのですが、
やはりゴーサインを出したのは彼ですよね。
ということになればちょっと今回の入閣は控えられたらっておもうのですけど。
彼の犠牲があって、っていう感想も正直もつんですよね。

しかし、狙いは防衛大臣なのかな。
日米地位協定などの対応は、現実路線の継承をある程度主張されている人物じゃないと、
相手にすらされないかもしれませんからね。
その点現実主義路線をいかざるをえないのでしょう。
そう考えると前原防衛大臣というのは選択として妥当なのかな、とは思うのです。
まだ決まったわけではないのですけど。

いしばさんとか、国際政治評論家出身のますぞえさんと
まともな討論ができなければ、やっぱり安保問題の脆弱さをうかがわせてしまい、
次期参議院選挙ならびに、次期衆議院選挙(ダブルって話ほんとうかな?)で、
安保問題もできなかった民主党、
とか野次られかねませんからね。
その点安全策を打って出たのでしょう。
死んだはずの(失敬)、麻生さんもその点挽回をしかけてきかねませんしね。

あとは小沢一郎次期幹事長の意向次第ですね。
沖縄問題について、社民党や国民新党とはかなりかけ離れていますので、
新党日本の田中さん(唯一でも大きかった尼崎(今年ダービーの開催地)での勝利)
みんなの党の江田さん、渡辺さん(自民党・共産党が刺客を出せなかった選挙区での勝利)
などとも、
あと共産党などとも、
部分的提携(福祉問題、失業者対策、景気問題、官僚主導からの脱却なら妥当でしょう)
ということでいいのではないでしょうか。

まあ、次期参議院選挙が来年おこなわれるので、そこでの勝利にかかってくるのでしょうが。
小池、野田という女性候補の小選挙区敗北は正直自民党にとってきついでしょうから、
圧勝は難しくとも(組織を固めてくるかもしれないし、いまは崩壊されまくっていても)、
過半数越えは確実でしょう!
そのときにいきなり社民、国民新党ぎりも選挙提携だけはしてきただけに、
それは失礼かなっておもいますからね。

首班指名は鳩山さん!
そして政策の部分的提携で閣外協力(あるいは建設的野党か)ということで
いいのではないでしょうか。
あまりにも分裂ぶんれつじゃあ、せっかく決めたはずの政権奪取なのに、
さきが思いやられちゃいますからね。

部分的提携で、建設的野党でも協力できる政策は協力して、
とりあえずは、
福祉の崩壊、そして景気悪化による社会の崩壊、官僚主導の政策決定の抜本的改革、
そこに重点的に取り組んでほしいものです。
それをお願いしたいと思います。


民主党は9日、特別国会で選出される次期衆院議長人事について、同党の横路孝弘前衆院副議長を軸に調整に入った。閣僚人事では前原誠司副代表、野田佳彦幹事長代理の入閣が新たに有力になった。鳩山由紀夫代表は社民、国民新両党との連立協議が決着すれば、新政権の人事調整を本格的に進める考えだ。議長人事に関して、鳩山氏は幹事長に内定した小沢一郎代表代行の意向を尊重する方針。(共同通信さんから)今度は「出会い系袋とじモデル」!! コスプレ風俗ライターに続き、映画でヌード濡れ場を演じていたことが発覚した民主党の田中美絵子衆院議員(33)=比例北陸・信越ブロック=の仰天の過去が10日、またまた明らかになった。2004年12月発売のサブカル誌の「カレシ募集企画」にモデルとして登場し、携帯番号とメルアドを袋とじで掲載していたのだ。次々と浮上する“小沢姫の過去”に党幹部も頭が痛い!?

 衆院選では自民党の大物、森喜朗元首相(72)を“伐採寸前”まで追い込んで有名になった田中氏が、今や“別の顔”で注目を集めている。

 11日発売の写真週刊誌「フライデー」によると、田中氏が登場していたとされるのは、04年12月発売の「裏モノJAPAN」05年2月号。同誌のメーン特集「携帯番号&メアドつき! その場で口説く出会いたガール30人」という“出会い系”の企画だった。

 田中氏は1番手で紹介され「椎葉(しいば)恵美さん」として登場。「30歳OL 神奈川 1人暮らし」の“肩書”で、茶髪のショートカット姿で笑顔を見せている。プロフィル欄にある1975年生まれは合致するものの、「血液型O型」(実際はA型)で、星座も「かに座」(実際はいて座)。好きな有名人は、あろうことかライバル・自民党の小泉純一郎元首相(67)の名前を上げていた。

 「今度付き合うとすれば結婚を前提にしたいので、電話をくれるのはまじめな方限定で」と大胆コメントも。身長157センチ、体重45キロ、3サイズはB80W60H85と記されており、別ページの袋とじには本人と連絡が取れる携帯番号とメールアドレスが掲載されていた。

 「裏モノJAPAN」編集部は、サンケイスポーツの取材に「(女性が)田中氏かどうかはノーコメント」としたうえで、「当時、女性は編集部員がスカウトしていた。携帯番号は編集部がプリペイド携帯を渡しているので、本人につながったはずですよ」と話した。

 田中氏は離婚歴があるものの、当時は独身で結婚には支障ない。また風俗ライターをしても、映画でヌードを披露しても問題はない。しかし、同誌が発売された時期に田中氏が民主・平田健二参院議員(65)の秘書として活動していた可能性があり、事実なら「単なるバイトでした」では済まない話だ。

 平田氏の事務所では「田中氏は07年3月に辞めたが、それまで3~4年ほど働いていた」というから、「袋とじモデル」と重なる可能性が極めて高い。「雑誌の名前すら知らない。仕事が終わった後も大学に行くようなまじめな人だったのに」(同)と寝耳に水の様子だった。

 “ヌードな過去”が明るみに出た際、民主党幹部は「(意外な過去が)次々に出てくるのはまずい」と頭を抱えたが、今回の件について民主党本部では「記事について全く把握していないので一切ノーコメント」と焦った様子。映画出演の件では近日中にコメントするとしていた田中氏の事務所も、今回の件では「記事を見ていないのでお答えできません。党本部に聞いてください」と話した。

[PR]